基本的な説明と症状について
多発性硬化症とは
  • check_box 神経症状:手足のしびれや痛み、筋力低下、感覚の鈍化など
  • check_box 視力障害:視力の低下、色の認識の困難、まぶしさなど
  • check_box 疲労感:持続的な疲労感ややる気の低下、体の重だるさ
  • check_box 認知症状:記憶力の低下、集中力の低下、情報処理の遅れ
  • check_box 平衡感覚の障害:立ちくらみ、めまい、歩行困難など
多発性硬化症は、中枢神経系に悪影響を及ぼす免疫系の疾患です。神経線維の被覆である髄鞘が炎症を起こし、神経の通信速度が低下します。これによって、さまざまな症状が現れることがあります。
ヨガリハビリの効果

ヨガリハビリの効果

ヨガの効果について紹介します

  • Point 01

    1. 症状改善への効果

    ヨガは多発性硬化症の症状改善に効果的です。呼吸法やポーズの実践によって、筋力や柔軟性の向上、バランス感覚の向上などが期待できます。また、ヨガはストレスの軽減や自己免疫の調節にも効果があり、症状の進行を抑える期待ができます。

  • Point 02

    2. リハビリへの効果
    ヨガは多発性硬化症のリハビリにも効果的です。正しい姿勢やバランスの取り方を学ぶことで、歩行や日常動作の改善が期待できます。さらに、ヨガは筋力の増強や関節の可動域の拡大にも効果があり、機能回復の促進に役立ちます。ヨガを取り入れたリハビリプログラムによって、生活の質の向上を目指すことができます。
  • Point 03

    3. 安全なヨガの実践
    ヨガを実践する際には、安全性を確保することが重要です。多発性硬化症の症状や体力に合わせて、無理のない範囲で行うことが大切です。専門の指導者の指導を受けながら、正しい姿勢や呼吸法を学ぶことで、効果的で安全なヨガの実践が可能です。また、個別の症状に応じたヨガのポーズやメディテーションなどを取り入れることで、より効果的なリハビリプログラムを構築することができます。
オンラインヨガレッスンの特徴

オンラインヨガレッスンでは、自宅で気軽にヨガを楽しむことができます。

通常のヨガスタジオに通う必要がないため、時間や場所に制約されずに受講できます。

オンラインならではの特徴として、カメラをオフにして参加することができるので、周りを気にせず、自分のペースでヨガを行うことができます。


また、レッスンの最後には毎回、参加自由な10分間の質疑応答の時間があります。
レッスンの中で分からなかったことを直接インストラクターに質問し解消出来たり、

他の参加者の質問から自分の体に合ったやり方を見つけることも出来ます。


さらに、グループレッスンでは多様なメニューが用意されています。

ダイエットやリラクゼーション、健康な身体作りなど、さまざまな目的に合わせたレッスンが受講できます。

また、パーソナルレッスンも提供されており、自分の身体に合わせた指導を受けることができます。

さらに、オンラインヨガレッスンでは、受講した日のレッスン内容をアーカイブ動画として後から確認することができます。

参加できなかった日のレッスンも見逃すことなく受けることができます。

オンラインヨガレッスンは、自宅で手軽にヨガを始めたい方や、スタジオに通うことが難しい方、

忙しい日常に合わせた柔軟な受講スタイルを求める方におすすめの選択肢です。

背景画像
運動が苦手な方でも安心

リハヨガ!

椅子を使って行うリハビリヨガも開催中


ハンディキャップをお持ちの皆さまへ


「椅子ヨガで心と体をリフレッシュ」

近年、ヨガが様々な病気に対するリハビリテーションとして注目を集めています。

病院での採用が増え、医師たちからも推奨されるなど、

その効果が認められています。


呼吸と動きを組み合わせるこのヨガは、リラックス効果、体幹を整えるだけでなく、

筋肉の柔軟性を高め、自律神経を整え、血流を促進する効果も期待できます。


特に、椅子を使ったヨガは、ハンディキャップをお持ちの皆さまにも

安心してご参加いただけます。


難病当事者、患者会代表でもあり、全米ヨガアライアンス協会認定ryt200、

メディカルヨガインストラクターの他、 ピアカウンセラーの資格を有する

友希インストラクターは、様々な経験と共に、多くの患者や家族からの相談を受け、

心身のサポートに尽力してきました。


ハンディキャップをお持ちの皆さまのニーズに真摯に向き合い、

全力でサポートいたします。

※多発性硬化症、視神経脊髄炎、ジストニア、強皮症、パーキンソン、慢性疲労症候群、腰痛、四十肩など、 さまざまなハンディキャップをお持ちの方が参加されています。


【対象者】

・難病や病気のリハビリを希望する方

・リハビリ施設を見つけられない方リハビリ通院が困難な方

・今受けているリハビリだけでは十分でない方

・車椅子を利用する方

・地面に座ることが困難な方

・難病や病気を抱えるご家族や友人の方

・ヨガを通じて健康的な身体を目指す方

・心と体をリラックスさせ、幸福な日々を過ごしたい方

・椅子ヨガに興味がある方

などなど。難病や病気に直面する方だけでなく、サポートするご家族やパートナーも心と体のケアを受けられます


【日時】 火曜から金曜まで 毎日10:00-10:20(質疑応答10:30まで)


【主なレッスン内容】

・顔ヨガ

・呼吸法

・ストレッチ

・椅子を使った体幹トレーニング

・マインドフルネスヨガ

毎日違うレッスン内容で、飽きることなく楽しめます!


【金額】

・16回のレッスンが参加し放題

・アーカイブ動画も翌月10日まで見放題 9,260円 今なら!

⇩⇩⇩

リハヨガ初回限定お試し価格毎月先着5名さま限定!

 (グループレッスンまたはリハヨガのお申込みが初めての方に限ります) 1,000円


その後も定期便なら(解約はいつでも可能。休会は通算6か月まで)

(解約の場合は前月20日までにエニワンヨガへご連絡ください。) 5,260円


~ハンディキャップがある方向け~


少しでもカッコよく!立つ・歩くを学ぶレッスン 全8回


ご好評につき第2期生募集が決定いたしました!


  【日時】2024年5月11日(土)~6月29日(土) 毎週土曜10:00-11:30

 (1時間の座学+15分の各回のテーマに沿った簡単立たないヨガレッスン+15分の質疑応答)

※アーカイブ動画付き リアルタイムで参加出来なくても、 後日自分の好きな時間に学ことが出来ます。

繰り返しの勉強にも!


家の中でも杖がないと歩けなかったのに、 ヨガで杖なしで歩けるようになるまで回復しました!

病気のリハビリにヨガは効果的なんだ!

だったら自分のこの喜びを、同じように苦しんでいる方に伝えて、少しでも多くの方の心と体が良くなるお手伝いをしたい!


エニワンヨガを立ち上げようと思ったきっかけです。  

多発性硬化症という神経難病により杖歩行となっていた友希が、 3,4年かけて杖がなくても歩けるようになった経験、

杖で生活していた時に意識していたこと、ヨガの知識、解剖学の知識から、杖や歩行器を使われている方、歩けるけれど、

足を引きずってしまう方、なんとなく歩きにくい方へ、


少しでもカッコよく! 立つ、歩く方法、意識すると良い事をお伝えしていくレッスンです。


 体の仕組みを図を使って解説しながら、座学の中に実際の座り姿勢、立ち姿勢、

杖で歩く時に意識すると良いことを少しずつ入れていきます。  


【料金】全8回 下記【特典】もついて 早期割引(4/15まで!)


分割払い➡44,000円が33,000円(3,300円×10回)

一括払いだと更にお得➡39,800円が29,800円に!  

※少人数制のため、先着8名さま


【レッスン内容】

分かりやすい図や表を使い、体の仕組み、使い方をお伝えする座学と、

少しだけその場で立ってご自身の体でも体感していただきます。

また、ご自身で即実践出来る簡単ストレッチもお伝えします。


最後に質疑応答の時間15分。


1回目⇒リハビリの必要性/呼吸とからだの関係

2回目⇒からだのつながり 

3回目⇒背骨の役割、整え方

4回目⇒下半身のつながり

5回目⇒上半身のつながり

6回目⇒骨盤の役割、整え方

7回目⇒体幹の鍛え方

8回目⇒内臓と筋肉


【受講対象者】何かしらの病気やケガで、杖や歩行器を使用されている方、

足を引きずられている方、歩きにくい方、ご家族、ご友人、支援者など。


【特典】 ・1年間見られるアーカイブ動画付き ・定期便申し込みされていない方➡4月のグループレッスン1ヶ月間無料! 定期便継続受講されている方➡パーソナルレッスン30分1回無料! 早期割引(4/15まで) ①



立ち方講座でリハビリ支援

料金はエニワンヨガ公式HPよりご確認ください

営業時間 9:00~18:00
よくある質問
  • よくある質問
  • よくある質問

Q: 多発性硬化症の症状はどのようなものですか?

A: 多発性硬化症の症状は個人によって異なりますが、一般的な症状には次のようなものがあります。
- 疲労感
- 筋力の低下
- 理由のない倦怠感
- 歩行困難
- 感覚異常

Q: 多発性硬化症は治療できますか?

A: 現時点では多発性硬化症は完治する治療法はありませんが、症状の進行を遅らせたり、症状の軽減を図るための治療法があります。

Q: 多発性硬化症の診断方法は何ですか?

A: 多発性硬化症の診断には、神経学的な検査(神経学的所見の評価など)や画像検査(MRIなど)が行われます。

Q: 多発性硬化症のリハビリにヨガは有効ですか?

A: 多発性硬化症のリハビリにヨガは有効とされています。エニワンヨガ代表友希のプロフィールもご覧ください。

Contact お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。